YHDP

会社概要

社名

有限会社 YHデザイン&プラント <<YHDP>>

英名

YHDesign&Plants Inc.

設立

平成17年6月27日(2005年)

資本金

¥3,000,000円

代表取締役

細川 泰正

所在地

〒104−0032
東京都中央区八丁堀4−12−7
サニービル5F
電話:03−5542−2361 FAX:03−5542−2362

取引銀行

みずほ銀行(自由が丘支店)

事業方針

映像監視機器を使った各種ソリューション企画提案、システム構築

YHDPの設立母体である早稲田大学理工学部GITI、株式会社TMR 以来のお客様であるサムスンTECHWIN社の映像監視装置を前提とした 『お客様のニーズに沿った映像監視機器を提供』を推進し、 お客様の安心安全向上と業務改善を支援します。
YHDPは映像監視の主題であった「守り」のシステムから、 映像を戦略的に活用した「攻め」のシステム構築に向けた ソリューション提案を推進します。

お客様に使ってもらえるソフトウエアー開発

YHDPはお客様が必用なとされるソフトを計画的に開発し、 ソリューションを完成させ提供いたします。

最新技術の取り組みと開発の標準化,ルール化

YHDPは常に最新の技術を研鑚し、開発の標準化、 ルール化を目指し生産効率/品質の向上、成果物の信頼性、 メンテナンス容易性確保を心がけます。

グローバルビジネス

YHDPは国内の他、韓国、中国を始めとするアジアのパートナーとの協業を お客様満足を保証しながら実現します。韓国、中国、インドへ進出・新規企画遂行検討 中のお客様へ、具体的なプランニング、システムの構築及び現地化、要請にもとづく パートナー開拓等をサポート致します。
2011年から新たに、韓国、中国、インド地区へ自社製品の販売進出を検討されている 日本企業へマーケティング、製品の現地化支援、現地製造パートナー開拓支援をします。

実績 電気/電子部品製造販社 韓国代理店管理、販売物流SYSの現地化
    盲人向け特殊二次元コード読取装置中文化コンサルティング

技術者の育成

YHDPは早稲田大学理工学部を始め、国内外の大学との連携を軸に、有為な人財に参加を求め、技術習得と活躍の場を提供し、社会に望まれる国際人を育てます。

社会貢献

YHDPは常に自然の有限を意識し、自分達が提供できる 現実的な方法で問題解決に取組み、社会に貢献します。

情報保護方針

YHDPは、当社の業務である様々なシステムソリューションの提供において取り扱うお客様情報、 及び、個人情報を、適切に保護することの社会的使命を十分に認識した上で、社会的要請の変化、 経営環境の変動等についてお客様情報、個人情報保護の仕組みを継続的に改善し、情報の保護に 全社を挙げて取り組むことを宣言致します。

事業内容

映像監視システムの提供

YHDPは株式会社ティービーアイ(サムスンTCHWIN国内総代理)のパートナー (機器販売代理店)として映像監視機器を利用したソリューションを提供します。
YHDPは映像監視を軸とした各種ソリューション開発を企画から開発運用まで提案実行します。

技術者及び開発の提供

YHDPは映像系と業務系、両システムで活躍可能な技術者集団として, 客先、業種に特化したソフト開発を実行します。
お客様のご要請に応じ、技術者の客先作業をお引き受け致します。
特定労働者派遣事業届出受理(特13-304399)

映像集配信ソリューション構築

YHDPは映像を使った戦略システム構築を、企画から実行推進迄
技術/業務に精通したスタッフが対応します。
お客様の意向を踏まえ、アライアンスパートナー紹介も致します。

東アジア・インドへの進出、人材発掘・パートナーの開拓支援

培った技術と現地パートナー(大学)、人脈をベースに、東アジア(韓国、中国)及びインドへ進出・新規企画遂行検討中の日本企業に対し、現実的なプランニング・サポート、必要システムの構築及び現地化、要請にもとづく人材発掘、パートナーの開拓支援を行います。

インドビジネスの推進

2011年4月から、インドへ自社製品(当面は電気/電子製品、デバイスを主力に)の輸出、販売/製造委託等、進出を企画検討されている日本企業に対し、マーケティングから製品の現地化、要請にもとづく人材発掘、現地製造パートナー開拓迄を支援します。インドINGENI社(本社オリッサ州)及びINGENIJAPAN社と提携し、日本語の解るインドネーティブシニアコンサルタントを2名常駐し対応致します。

 リンク・著作権・免責事項・個人情報保護方針

© 2007-2014 YHDesign&Plants Inc. All rights reserved.